《カイコ》歌詞 專輯:by RADWIMPS MP3歌詞



免費試用 Kindle unlimited 電子書包月服務 30天,試用入口:https://amzn.to/341Dqhf

免費試聽 Amazon Audible 有聲書 30天。試聽申請入口:https://amzn.to/39CBmNR

《カイコ》歌詞:
RADWIMPS – カイコ(蠶)

詞/曲 :野田洋次郎
翻譯來自:RADWIMPS吧

全てのものに神が等しくあらせるのだと
【都說在神的面前眾生平等】
心の首元にギュッと手が回る
【一句話緊緊環在心頭】
明らかなら なぜにわざわざ唱えるのでしょう
【既然顯而易見 為何還要特意吟唱】
満杯の胃袋に なおも生肉を詰め込むように
【猶如早已飽腹的胃囊 仍硬要吞下一塊生肉】

まるで僕への當てつけのようで
【彷彿是故意對我諷刺般】
なんだかな イラっとくるな
【為什麼要這樣 讓人不爽】
君はどっちの見方なの?
【你到底是站在哪一邊? 】
疑われてるような
【像備受質疑似的】

世界は疲れたって
【就算世界早已疲憊不堪】
僕にはもう無理だって
【就算我早已無能為力】
宇宙の寂しさを一人で背負い
【世界的寂寞也讓我一人來背負】
作りあげてはみたが
【每一次偽裝都細細端詳】

世界は疲れたって
【就算世界早已疲憊不堪】
人々のため息だけ
【僅僅是人們口中的嘆息】
でもゆうに銀河一個は埋まるほどと
【便足以掩埋一個銀河】
今頃愚癡こぼしてら
【而今我只能這樣怨聲載道】

彼らのため息と悲鳴と喘ぎ聲と
【他們的嘆息和悲鳴以及喘息】
すべて吸って綺麗な明日を吐き出す
【一併吸取 再吐出一個美好的明天】

そんな木に生えるは 人の姿形した
【在這樹木上長出的具有人形之物】
なんとお呼びしましょう
【該如何稱呼它呢】
この悪寒をこの菌を
【這惡寒 這細菌】

孤獨をどうぞ慾望をもっと
【讓孤獨來襲 讓慾望膨脹】
七色に千変萬化
【七彩繽紛 千變萬化】
お口にあった人生謳歌
【口中哼著人生謳歌】
ヨダレだけ拭きな
【只把口水擦去】

世界は疲れたって
【就算世界早已疲憊不堪】
僕にはもう無理だって
【就算我早已無能為力】
宇宙の寂しさの方がマシと
【寧可宇宙就此寂寞】
その手を振りかざしてら
【我也要高舉雙手宣揚】

世界は疲れたって
【世界早已疲憊不堪】
あとはもう壊れるだけ
【剩下的只有毀滅】
親が子を殺める時の作法を
【父母弒子時的方法】
お目に入れてあげましょう
【讓我親自展示給你看吧】

一日くらいはあったかな
【是否有過那麼一天】
この世の誰一人泣かなかった日は
【這世上無一人哭泣的一天】
一日くらいはあったかな
【是否有過那麼一天】
この世の誰一人叫ばなかった日は
【這世上無一人吶喊的一天】

すべてのものに神は等しくあらせるのだと
【都說在神的面前眾生平等】
あなたの首元にギュッと手が回る
【一句話緊緊環住你的脖子】

世界は疲れたって
【就算世界早已疲憊不堪】
僕にはもう無理だって
【就算我早已無能為力】
宇宙の寂しさを一人で背負い
【世界的寂寞也讓我一人來背負】
作りあげてはみたが
【每一次偽裝都細細端詳】

世界は疲れたって
【就算世界早已疲憊不堪】
人々の後悔だけ
【僅僅只是人們心中的懊悔】
でもゆうに銀河一個破裂するほど
【就足以粉碎一個銀河】
今頃顔を覆ってら
【將現在的面貌掩蓋】

世界は疲れたって
【就算世界早已疲憊不堪】
僕にはもう無理だって
【就算我早已無能為力】
宇宙の優しさを獨り佔めに
【也能一人獨占整個宇宙的溫柔】
またできる日がきたな
【那一天再次來臨】

最後のお祭りは盛大にさ
【最後的慶典盛大隆重】
始まりの時のように
【就像最初開始時一樣】

You may also like...